スポンサーリンク

夏バテの症状をチェック。下痢や吐き気、めまいや頭痛は薬で治る?

雑学

毎年暑くなると夏バテになってしまう
そんな方も多いのではないでしょう。

夏バテにはどんな症状があるのか?

下痢や吐き気、めまいや頭痛は
薬を飲むだけで治るのか?

もし、夏バテになってしまったら、
どうしたらいいのか?

この記事では、
夏バテについてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも、夏バテとは?

夏バテはもともとの意味は、
秋になるころに夏の暑さで
たまった疲れがでること

とされていました。

しかし、現在では、
夏の暑さにより体調を崩すこと
の意味で使われることが多く、

特に夏の時期の自律神経の乱れにより、
さまざまな体調不良の症状
夏バテと呼んでいます。

夏バテになりやすい時期は?

7月の頭」は要注意です!

夏バテの原因は・・・

「高温多湿」
「自律神経の乱れ」
「睡眠不足」

と言われています。

 

特に日本の夏は、高温多湿により、
体がベタベタする不快感がたまりません・・・

この不快感が、食欲をなくし、
自律神経も弱らせます。

さらに、暑くて眠れない夜が、
体力を奪います。

 

そして、7月の頭は、
急に気温が高くなる時期でもあり、

梅雨のために、湿度も非常に高く
体調を崩しやすくなる時期
です。

 

そのため、この時期に、
夏バテを起こす方が、多くなります。

どのような職業がなりやすいか?

実は、クーラーの効いた室内で、
デスクワークをされる方が、
夏バテになりやすいようです。

室内外の温度差や、冷えすぎる環境が、
自律神経を乱れさせる原因になり、
夏バテになってしまうようです。

また、屋外で仕事をされている方も、
高温多湿で汗をかきにくい状態が続いたり

 

逆に、汗をかきすぎたりして、
ミネラル不足を起こす
と、
夏バテになってしまうことがあります。

炎天下の最中、
工事現場などで、作業をする方や、
分厚い衣服を着る消防士の方にも、
多くみられるようです。

夏バテ症状のチェック項目

以下のような症状が出れば、
夏バテを起こしている可能性があります。

・体がだるい
・食欲がない
・何もする気がおきない
・貧血や立ちくらみがする
・下痢もしくは便秘である
・頭痛がする
・発熱がある
・めまいがする

もちろん、
人によって症状は、さまざまですが
上記の症状がいくつかみられたら、
夏バテのサインである可能性は、
大いにあるでしょう。

下痢や吐き気の場合の対処方法

Sponsored Links

夏バテにより、下痢や、
吐き気を起こした場合の対処法は、

胃の負担を減らし、
胃をとにかく、休ませること
が第一です。

具体的には以下になります。

・消化の良いものを食べる。
・一度に食べ過ぎないようにする。
・夏野菜を多く食べるようにする。
・酢の物を取るようにする。

旬の夏野菜には、
水分・ビタミン・ミネラルが多く、

酢の物では、
酸味が食欲を誘い消化を助けます。

また、香辛料を使った料理も、
胃の働きを良くしてくれて、
消化を助けてくれるのでオススメです。

下痢や、吐き気を起こした際の
薬についてですが、

原因がわからない下痢や、
吐き気を安易に薬で止めてしまうと、
逆効果になる
ことがあります。

下痢、吐き気に関しては、

薬を使用する前に、
内科、もしくは、消化器内科にて、
診察を受けた方がいいでしょう。

めまいや頭痛の場合の対処方法

acworksさんによる写真ACからの写真

めまいが、起きているときは、
まずは、安静にしましょう。

無理に動こうとすると、
転倒してしまう可能性があります。

楽な姿勢で、とにかく動かずに、
ベルト等の体を締め付けるものは緩め、

外にいるときは、日陰等に入りましょう。

 

めまい・頭痛、どちらも
自律神経の乱れから起こります。

自律神経の乱れは、
クーラーなどの体の冷やしすぎや、
外と室内の温度差によって起こりので、
体を温めることから、はじめましょう。

 

具体的な対処法は、以下のとおりです。

・冷たい水を飲みすぎない。
・寝る前にぬるま湯のお風呂に入る。
・クーラーで体を冷やし過ぎないようにする。
・涼しい時間帯に軽く体を動かし汗をかく。

 

職場やお出かけ先などで、
クーラーの温度調整ができない場合は、

カーディガンやひざ掛けで、
体を守ることが大切です。

症状が長く続く場合

めまいや頭痛に対して、
一時的に症状を軽くするために

薬を飲むことは、
悪いことではありませんが

本当の原因を治さないと、
めまいも頭痛も治りません。

 

場合によっては、
軽度の熱中症の可能性もあるので

症状が長く続く場合は、
医療機関で診てもらいましょう。

めまいや頭痛の症状によっては、
耳鼻咽頭科、神経内科、脳外科と
担当科が異なります。

まずは、
内科で相談してみるのがいいと思います。

薬ではなく、日頃の体調管理が大事 -まとめ-

夏バテになる前に、
注意しないといけないことは、

暑さに負けない体を作ることです。

日々、定期的に運動して、
汗をきちんと出せるようにします。

そして、バランスの良い食事をとって、
体調を整えておきましょう。

入浴の際には、
面倒だからといって、
シャワーだけで済まさずに
お風呂で体を温めて、
血行を良くすることも効果的
です。

 

そして、極力、冷風を
体に当てない
ようにして、
体が、冷えすぎないようにすることが大切です。

夏バテになってから、
対処するのではなく、、、

夏バテにならないように、
日頃の体調管理が大事ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

雑学
calmbuzzをフォローする
CALM-BUZZ カルムバズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました