女子プロレスラーのアスカのスリーサイズは?本名や彼氏もチェック!

シェアする

WWE アスカ
by NuruddinAyobWWE

本当に強いしカワイイ女子レスラー。

ASUKA

世界最大といわれるアメリカの
プロレス団体「WWE」でデビュー以来、
無敗を誇る女子プロレスラーのアスカ

 

日本はもちろん、
海外でも人気の女子プロレスラーです。

 

そんなアスカの本名や年齢はもちろん、
彼氏や結婚は?何カップ?など
気になることをチェック。

 

スポンサーリンク

アスカのプロフィール

wwe アスカ

http://www.miamiherald.com/sports/fighting/article36074862.html

本名は、浦井 佳奈子(うらい かなこ)

1981年9月26日生まれ、
36歳(2017年現在)

出身地は、大阪府大阪市。

 

大阪国際滝井高等学校、
大阪芸術大学短期大学部卒業

ちなみに大阪国際滝井高校は、
大阪府守口市にある私立女子校で、
偏差値は40〜47。

バレーボール選手を数多く
輩出していることで有名な女子高で、
叶姉妹の姉の叶恭子さんの
母校としても有名です。

 

ASUKA(アスカ)という
リングネームは、
WWEよりデビューしてからで、
当初は華名(かな)という
リングネームでした。

 

また、プロレスラー以外にも、
ウェブデザイナーやゲームライター、
実業家としての肩書きもあるようです。

 

この記事での呼称は、
「華名」、「ASUKA」はせず、
アスカと統一していますので、
ご了承ください。

 

プロレスラーとしてのアスカ

海外で活躍中のアスカさんも、
女子プロレスラーとして
デビューした当初から現在のような
無敗記録を伸ばしていたわけではありません

ここからは、
女子プロレスラーとしてデビューし
WWEでの活躍をまとめました。

プロレスは体力があるときしかできない

中学3年生の頃から、
軽い気持ちでプロレスを見ているうち、
いつしか「私もなりたい」という
心境になったそうです。

その後、高校三年生で
プロレスのオーディションを受ける
と親に伝えたところ猛反対されました。

 

そして、猛反対を振り切って、
というわけにもいかず、
大阪芸術大学短期大学部に進学。

大学を卒業後、
すぐにプロレスラーとして
活動しはじめておらず、

卒業後は、
広告のデザイン会社に就職しましたが、
20歳を過ぎた頃に、
再びプロレスラーになりたい
と思ったそうです。

 

メジャーデビュー〜引退

プロレスラーになりたいと思った理由は、
プロレスは体力があるときしかできない」というものでした。

2003年6月、22歳

プロレスへの諦めきれず、
デザイン会社を退職。

プロレス団体へ入団。

かつて猛反対した親御さんは、
娘の気持ちを尊重し
反対はしません
でした。

2004年6月、23歳

つらい下積みを経て、
東京・後楽園ホールにて
リングデビュー

初対戦相手は玲央奈(現:Leon)

その後も、
怪我をしつつも激戦を繰り広げます。

 

しかし、
そのルックスから同期の選手より、
雑誌などでも注目度は高く

それに比例するように、
他の選手からのねたみひがみ
多かったそうです。

先輩からも数々の暴言を浴びせられ、
気にはしていないつもりでも、
そのストレスは体に現れました

2006年3月、25歳

慢性腎炎を患い「体調不良」
プロレスを引退してしまいます。

 

やはり、
女子プロレスに限らずどの世界でも、
「才能ある若くて可愛いい女子」には、
「身も心もブサイク女子」からの
嫉妬やひがみは欠かせなのですね(笑)

↑これはアスカさんの発言ではありません。私自身の感想ですw

 

2年にも満たない期間での引退ですが、
よほど辛いイジメのようなものが
あったことは予想できますね・・・

でも、それを乗り越えないことには
一流には到達できませんものね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WWE Asuka(アスカ) No One is Ready Tシャツ
価格:4514円(税込、送料別) (2018/6/28時点)

 

現役復帰からフリーへ

一旦、プロレスを引退後、
本の挿絵やゲームグラフィック、
チラシなどのデザインを
請け負う会社を起業します。

 

しかし、プロレスからは離れたものの、
常にプロレスへの気持ちは
変わりません
でした。

その気持ちは、ただプロレスが好き
というものではありませんでした。

好きだからこそ、
日本の女子プロレス自体にも疑問が生じ、
本物のレスリング」というものを
目指していきたいと思うようになります。

2007年8月、26歳

引退から1年半が経過し
体力も回復したので、
プロレスに復帰。

復帰するに際し、
どの団体にも所属しない
フリーとして再びリングに戻ります。

 

そして、
本物のレスリング」を目指すため、
あえて男子プロレスラーから
関節技や試合の運び方などを
1から学び直した
そうです。

2010年4月、28歳

初の自主興行である
「カナプロ」を開催します。

この「カナプロ」とは、
プロレスラー華名を興行するもので、
髪型や衣装はもちろん、
グッズ、カナプロのDVDも
全てセルフプロデュースしたものです。

ここでも、
デザイナーとして実業家としての
アスカさんの本領発揮といったところですね。

華名のマニフェスト

1.「無きに等しい女子レスラーの存在価値」の見直し
2.個性の確立できぬ者は去れ
3.女子プロレスファンにだけ通用するプロレスは即刻やめるべし
4.レスラー同士の慰め合い、傷の舐め合いはするな
5.嗚呼、無情。偽物の技の救出

2010年8月、28歳

プロレスの専門誌で名高い
「週刊プロレス」に、
上記の「華名のマニフェスト
を発表します。

このマニフェストは、
5項目からなりますが、
女子プロレスを健全で
もっとメジャーなものにしたい
との気持ちが伝わります。

 

やはり、
バッシングや賛否両論はあったものの、
直接、アスカさんに物言うレスラーや、
団体はありませんでした。

もし、かつてのねたみ・ひがみあっても、
そんなちっぽけなに圧力には屈しない
精神力はあることは素人でも分かります。

でも、たったひとりで
旧式の女子プロレス団体に
ケンカを売ったような感じで
すごいですね。

 

もちろん、ここからが正念場でしょう。

マニフェストかなんだか知らんけど、
調子に乗るなよってな感じで、
旧式の女子プロレス団体は
潰しにかかってくるでしょう。

事実上、日本の女子プロレス団体を制覇

ちょっと、
言い過ぎ的なタイトルですが、、、

マニフェストを発表したものの、
連戦連敗だと説得力もなく、
ガクッときますが、

当然のことながら、
アスカさんは見事期待に応えてくれます

フリーのプロレスラーとして
4団体を制覇します。

 

そして、「プロレス界の聖地」と呼ばれる
後楽園ホールで「カナプロ」を開催します。

ここまで、来てしまえば、
もう、女子プロレスラー華名にかなう
レスラーはもちろん、
団体は日本にはないでしょうね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WWE Mattel Elite 47 Asuka (アスカ)
価格:5378円(税込、送料別) (2018/6/28時点)

 

WWEデビュー!

ここまで、セルフプロデュースができる
女子プロレスラーはいません
が、
目先のお金を得るプロデュースなら、
やはり芸能界でしょうか。

でも、アスカさんは、
プロレスを大事に思っています。

旧式の女子プロレス団体と
変わらない日本の芸能界には
見向きもしませんでした。
(ちょっとはしたかも?)

 

2015年夏、もう日本でできることは
やり尽くしたと感じていた矢先、
アスカさんに一本の電話が入ります。

「世界で女性を一人選ぶとしたら、あなたなのです」

引用元:http://globe.asahi.com/breakthrough/2016083000003.html?page=2

WWEからのスカウトの電話でした。
(もちろん英語で。)

ちなみにWWEとは、World Wrestling Entertainmentの略で、
アメリカにある世界最大のプロレス団体で興行会社です。

もちろん、
日本の女子プロレスを制覇した
アスカさんは即決でアメリカ行きを決意

2015年7月、33歳

日本でプロレス関連の活動を
無期限休止を発表します。

2015年9月、33歳

WWEとの契約を発表し、
リングネームを華名から
明日華に変えました。

2015年10月、34歳

WWEのNXTテイクオーバーにて、
リングデビュー

(NXTテイクオーバーとは、WWE内での下部組織であるNXTのプロレス興行の名前です。)

このデビュー戦では、
紆余曲折はあったものの見事勝利し、
アメリカに観客にも
大いにアピールできた試合でした。

 

華々しいデビュー戦以降は、
連勝に連勝を重ね、
2016年7月に両国国技館で行われた
WWEの試合でももちろん勝利!

2017年4月、35歳

NXTデビュー後は、
自身の連勝記録の更新し続け、
日本人初のNXT女子王座を獲得します。

さらに、NXTデビュー以来、
連勝記録がWWE史上最長記録の
174勝に到達
します。

その後も勝ち続け
連勝記録も更新し続けます。

2017年9月、36歳

WWE・RAWへ昇格します。

この昇格には、
賛否両論があったようで、
常に壮絶な試合をしているアスカさんの
ファンからすれば、RAWよりは
試合重視のSmackDownでの
戦いぶりをみたいはずですよね。

2018年1月、36歳

NXTの年間最優秀選手
年間女子最優秀選手を受賞します。

まさにアメリカンドリームといった感じですね。

 

アメリカでの活躍ぶりを見ると、
日本での活躍はたいしたことではない
と思ってしまいますが、

日本での地道な活動があったからこそ
WWEのスカウトの目に留まったのは
間違いありません。

アスカのスリーザイズや結婚、彼氏は?

ここまで、
プロレスラーとしての
アスカさんについて、
まとめてきましたが、

スリーサイズや結婚などのことを
忘れていました(笑)

 

アスカさんにとって、
どーでもいいようなことかも
知れませんが、、、

男性ファンはもちろん女性ファンも
気になるところではないでしょうか?

 

身長:160cm

体重:60kg

スリーサイズは、

残念ながら、、、
現在のスリーサイズは不明です。

 

しかし、華名のリングネームで
活躍していた2011年に
行われた記者会見の席で、

95/73/94でFカップ

ということをおっしゃっていました。

それから、月日が経過した現在では、
たくましい体にグレードアップしているので、

95/73/94以上にサイズアップしているでしょうね。

していなかったらごめんなさい。

 

そして、結婚や彼氏の存在ですが、
結婚はもちろん、彼氏の存在も
ないようです。

 

日本でレスラーとして、

つらい下積みをしているときは
四六時中プロレスのことばかりで、
睡眠時間も2、3時間しかなかったそうです。

恋愛どころではないですよね、、、

もちろん、結婚していても
彼氏がいてもいてもおかしくない
年齢ですが、

アスカさんのセルフプロデュースは
プロレスだけに発揮されるものかも知れませんね。

スポンサーリンク

どこまでも連勝記録を!-まとめ-

アスカ wwe

http://www.givemesport.com/1237603-video-surfaces-of-asukas-botch-during-her-entrance-on-wwe-monday-night-raw

当初プロレスラーになることを、
一旦は猛反対したにも関わらず、

プロレスを諦めきれないアスカさんを
認めてくれた親御さんも
ドキドキでしょうね。

 

アメリカ人からすれば、
日本人女性のイメージである
か弱いとのイメージとは、
ほど遠い強さ
が人気の理由でしょう。

さらに、
アスカさんのコスチュームも、
華々しくアメリカ人好み
さすがデザイン能力に長けたアスカさんだと思います。

 

そして、
体も他の海外選手に比べて大きくはなく、
連勝記録を更新し勝ち続けているところも
カッコいいですよね。

 

中高生の頃に目指した女子プロレスラー、
女子プロレスラーデビュー、
体調不良よる一時引退、
フリーでの復帰、
1から地道な練習、
華名のマニフェストの有言実行、
カナプロの大成功、
アメリカでの連勝記録など、

全てドラマチックですね。

 

全てが、アスカさんの
セルフプロデュース
だといってしまえばそれまでですが、
セルフプロデュースだけで
ここまで達成することはできません。

 

これからも怪我や健康に気を付けて、
って、素人がプロのレスラーに
言うことではないと個人的に
思っていますが、

連勝記録が止まる時は、
どんな試合になるのかも気になりますね。

負ける時もドラマチックに、

そんなことを考えていれば、
叱られそうですね。

 

WWE・RAWでは、
どこまで連勝記録を伸ばせるかは
未知ですが、どこまでも
連勝記録を伸ばしてほしい
ですね!

 

もちろん、
怪我や健康に気をつけてください!

【関連記事】
中井りんは筋肉が凄いし今もかわいい!結婚や旦那の噂も調査!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする