元オアシスのリアム・ギャラガーが引退?ノエルは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
http://articleimage.nicoblomaga.jp/image/12/2010/1/c/1cd975d1cdbaf2318ed15248aac811cf2417e7961272592832.jpg

イギリスのロックバンド、
オアシスの元フロントマンである
リアム・ギャラガーが、
音楽業界から引退したと報じられました。

解散状態であるオアシスですが、
再結成の噂が絶えない中でのこの引退報道。

 

スポンサーリンク

オアシスって?

9_2000OasisPA080911

 正統派ブリティッシュ・ロックを
踏襲したイギリスのロックバンド。

ギタリストのノエルと、ボーカルのリアムからなる
ギャラガー兄弟を中心に1991年に結成されました。

しかし、度重なる兄弟喧嘩から
2009年に兄のノエルが脱退。
その後は事実上の解散状態に。

オアシスといえば兄弟喧嘩ですが、
曲はそんな兄弟喧嘩のイメージはなく
心地いいメロディのポップなロックです。

リアムの引退について

英紙ザ・サンによれば、
リアム・ギャラガーは引退への思いを
ファンに語ったと伝えています。

「俺は今じゃ引退しているんだ。25曲の曲を書くことができるけど、それは全部クソなんだ」

しかし、ザ・サンといえばタブロイド紙で、
日本の新聞でいえば、東スポや
日刊スポーツのような存在の新聞ですので、
どこまで本当かはわかりません。

リアム・ギャラガーは、
オアシス解散後の2009年に
ビーディ・アイを結成したものの
2014年には解散。
UKのシングル・チャートで
TOP40に入ったのは1曲のみでした。


スポンサーリンク

また、ツイートでは、
もはや音楽業界に未練はないことを
示す内容もあったうようです。

オアシス解散以降、
あまりパッとしなかった苛立ちから出た
小言のような感じですね。

広報担当者からしてみれば、
リアム・ギャラガーと
タブロイド紙「ザ・サン」に
振り回されたかたちですね。

Oasis07PA290311

兄のノエルは?

2009年にオアシスを脱退後は、2011年より
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・
バーズ名義で本格的なソロ活動を開始し、

2枚のアルバムをリリース。
それに伴うツアーも行いました。

そんな兄ノエルからすれば、オアシス再結成で
一時的なブームを起こすよりも、

弟リアムに過去の成功が誰のおかげだったのか

思い知らせるほうがいい、
と思っているかもしれませんね。

引退報道を否定

その後、リアム・ギャラガーの広報担当者は、
タブロイド紙「ザ・サン」での
リアム・ギャラガーの引退報道を否定しました。

広報担当者は、引退もタブロイド紙の
報道の仕方も批判しています。

リアム・ギャラガーの愚痴のような発言を
大げさに引退宣言と報道したのでしょう。

オアシスが解散して、
いろんな意味で厳しい状況なのは
弟のリアムなのでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする