‪‪キトラ古墳へのアクセスは?名前の由来や埋葬者は(誰の墓)?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
https://www.asuka-park.go.jp/kitora/img/img_07b.jpg

奈良県明日香村のキトラ古墳が、
来年1月から2月にかけて一般公開されます。

この記事ではキトラ古墳の見学応募、
場所やアクセス情報などをまとめました。

Sponsored Links
Sponsored Links

キトラ古墳とは

キトラ古墳

http://www.bell.jp/pancho/asuka-sansaku/images/kitora/kitora-08.jpg

きとらこふん

奈良県高市郡明日香村にある古墳

二段築成の円墳で、小高い阿部山の南斜面に位置しています。

内部は奥壁・側壁・天井の全面に
漆喰が塗られ、壁画が描かれています。

1983年11月7日にファイバースコープの
使用で石室内にて玄武の彩色壁画が発見。

1998年には、CCDカメラの使用で
青龍、白虎、天文図が発見。

2001年には、デジタルカメラの使用で
朱雀と十二支像も発見。

2000年7月31日、国の史跡に指定。

2000年11月24日、特別史跡に指定。

2013年には、石室の考古学的調査が終了し
埋め戻され、墳丘の復元整備が行われています。

同じ奈良県高市郡明日香村にある
高松塚古墳と共に壁画が有名な古墳です。

キトラ古墳の大きさは?

二段築成の円墳

上段:直径9.4m 高さ2.4m

下段:直径13.8m 高さ90cm

内部:幅約1m、長さ約2.6m、高さ約1.3m

キトラ古墳の所在地は?

奈良県高市郡明日香村の南西部、
阿部山の南斜面。

飛鳥歴史公園内キトラ古墳周辺地区の南。

キトラ古墳はいつ頃に作られた?

作られた年代は、はっきりと分かって
いないようです。

推測では、古墳時代の終わり頃の
7世紀末〜8世紀初めといわれています。

古墳時代の終わり頃の古墳は、
文字通り「終末期古墳」と呼ばれ、
大仙陵古墳で有名な巨大な古墳から、
古墳そのものも小さくなりました。

歴史的価値のあるキトラ古墳の壁画

キトラ古墳の壁画/十二支像

http://www.bell.jp/pancho/k_diary-16/images/0720-09.jpg

‪‪キトラ古墳の壁画は、高松塚古墳に次ぐ
大陸風壁画の発見で注目されました。

キトラ古墳の壁画は石室内部に描かれており、
漆喰の上に筆で描かれたものです。

東西南北のそれぞれの壁に四神の
「青龍」、「白虎」、「朱雀」、「玄武」

天井には、赤道や太陽の通り道である黄道が
描かれ、その内側には北斗七星などの
星座や太陽と月描かれています。

この天井に描かれた天文図は、
世界最古の科学的な天文図です。

また、動物の頭と人間の体で
十二支をあらわした獣頭人身像
描かれていることもキトラ古墳の特徴です。

現在は、カビなどの影響で劣化や傷みが発生あり、
壁画自体は別に保存されています。

キトラ古墳の壁画は、
世界的にみても芸術、学術の上で
とても価値の高い文化財です。

Sponsored Links

キトラ古墳の名前の由来

名前の由来は定かではなく、
いくつかの説があるようです。

  • 内部を覗くと亀と虎の壁画が見えたため「亀虎古墳」となった。

  • キトラ古墳が明日香村阿部山集落の北西方向に位置するため、四神のうち北をつかさどる亀(玄武)と西をつかさどる虎(白虎)から「亀虎」と呼ばれていたという説

  • 古墳の南側の地名の「北浦(きたうら)」がなまって「キトラ」になった。

いろんな説があって、考えるだけでも楽しいですが、
全て当てはまるようですが、
案外、北浦(きたうら)」がなまって「キトラ」に
なったかもしれませんね。

キトラ古墳の埋葬者は誰?

キトラ古墳の埋葬者

www.bell.jp

考古学者や地理学者、大学教授などによって、
下記のいろいろな人物が推測されていますが、
未だわかりません

  • 天武天皇の皇子の高市皇子

  • 百済から渡来した百済王昌成(しょうじょう)

  • 古墳周辺一帯が「阿部山」という地名であることから阿部御主人(あべのみうし)

  • 皇族の弓削皇子

キトラ古墳から金象眼が出土しました。
これは、銀装の金具が出土した高松塚古墳の
埋葬者よりも高い地位の人物が
埋葬されているそうです。

かなり身分や地位の高い人のお墓なのは
間違いありません。

キトラ古墳へのアクセス

キトラ古墳へのアクセス

http://www.bell.jp/pancho/k_diary-13/images/1127-03.jpg

キトラ古墳は、国営飛鳥歴史公園の
南に位置していますので、
まずは、国営飛鳥歴史公園を訪れましょう。

京都駅から

近鉄京都駅 →特急・約55分→ 橿原神宮前駅 →約5分→ 飛鳥駅

名古屋駅から

近鉄名古屋駅 →特急・約110分→ 大和八木駅 →約5分→ 橿原神宮前駅 →約5分→ 飛鳥駅

奈良交通バス利用(大和八木で近鉄電車乗り換え)

新宿 →夜行高速バス「やまと号」・約8時間→ 大和八木駅(近鉄電車に乗換え)
大和八木駅(近鉄電車)→約5分→ 橿原神宮前駅 →約5分→ 飛鳥駅

新幹線・新大阪駅から

新大阪駅:JRまたは大阪地下鉄 → 天王寺(近鉄電車に乗換え)
大阪阿部野橋駅(近鉄電車) →急行・45分→ 飛鳥駅

関西空港から

奈良交通バス利用(大和八木で近鉄電車乗り換え)

関西空港 →リムジンバス・約70分 → 大和八木駅(近鉄電車に乗換え)
大和八木駅(近鉄電車)→約5分→ 橿原神宮前駅 →約5分→ 飛鳥駅

車の利用

大阪方面から

大阪 →(約46km)→ 飛鳥(阪和自動車道・南阪奈道路・R169経由)

京都方面から

京都 →(約42km)→ 奈良 →(約25km)→ 飛鳥(R24経由)

和歌山方面から

和歌山 →(約80km)→ 飛鳥(R24経由)

名古屋方面から

名古屋 →(約173km)→ 飛鳥(R25経由)

キトラ古墳へ見学の応募方法は?

http://www.kitora-kofun.com/
『キトラ古墳壁画の公開(第2回)』で、
インターネット上、または往復ハガキで
応募することができます。

1日の定員は700名で、定員を超えた場合は
抽選となるようです。

Sponsored Links
Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする