生沢徹とポルシェ!スカイラインGT、レクサスとの顛末とは?

シェアする

http://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/userstorage/000/005/305/485/e3315e00d4.jpg

国産車であるプリンス・スカイラインGTが、
今は亡き「式場壮吉」が乗る
ポルシェカレラ904GTSを
抜いて1週トップを走りました。

 

レースの結果はポルシェ904が勝ちましたが、
当時の若きエース「生沢徹」と
プリンス・スカイラインGT
あのポルシェを後にし首位を走る光景
観客が熱狂し、日本国中の
モータースポーツファンが驚喜しました。

スポンサーリンク

約50年前の1964年の第2回日本グランプリ


「Nissan Newsroom スカイライン伝説の始まり」より

国産車であるプリンス・スカイラインGTが、
今は亡き「式場壮吉」が乗る
ポルシェカレラ904GTSを
抜いて1週トップを走りました。

国産車であるプリンス・スカイラインGTが、
今は亡き「式場壮吉」が乗る
ポルシェカレラ904GTSを
抜いて1週トップを走りました。

あのポルシェを後にし首位を走る光景
観客が熱狂し、日本国中の
モータースポーツファンが驚喜しました。

 

スカイライン伝説」「スカイライン神話
として有名な話です。

 

この記事では、かつてスカイラインGTの
ドライバーであった

国産車であるプリンス・スカイラインGTが、
今は亡き「式場壮吉」が乗る
ポルシェカレラ904GTSを
抜いて1週トップを走りました。

当時の若きエース「生沢徹」と
プリンス・スカイラインGTが
あのポルシェを後にし首位を走る光景
観客が熱狂し、日本国中の
モータースポーツファンが驚喜しました。

 

スカイライン伝説」「スカイライン神話
として有名な話です。

 

この記事では、かつてスカイラインGTの
ドライバーであっ

国産車であるプリンス・スカイラインGTが、
今は亡き「式場壮吉」が乗る
ポルシェカレラ904GTSを
抜いて1週トップを走りました。

 

レースの結果はポルシェ904が勝ちましたが、
当時の若きエース「生沢徹」と
プリンス・スカイラインGTが
あのポルシェを後にし首位を走る光景
観客が熱狂し、日本国中の
モータースポーツファンが驚喜しました。

 

スカイライン伝説」「スカイライン神話
として有名な話です。

 

この記事では、
かつてスカイラインGTの
ドライバーであった生沢徹
ついてチェックします。

GT2-1_904
ポルシェカレラ904GTS(式場壮吉)http://since1957.blog130.fc2.com/

GT2-41_S54

プリンス・スカイラインGT(生沢徹)http://since1957.blog130.fc2.com/


生沢 徹(いくざわ てつ)
生沢徹とは(敬称略)

1942年8月21日生まれ、73歳

1464883241

http://blog.sensya.com/president/index.php より

日本のカーレース創成期の
スター選手の1人でありパイオニア的な
存在と評されています。

 

そして、実力は海外でも評価され、
ポルシェ本社のワークスチームに招聘された
唯一の日本人ドライバーとなりました。

 

国内レース出場のため帰国すると、
記者会見が開かれるほどのスター選手でもありました。

 

現在は、イクザワ・マーケティング・インターナショナル代表として、ロンドン・モナコ・東京に拠点を構え活動しているそうです。

 

ロンドンとモナコにポルシェ

生沢徹は、ポルシェなど往年の
レーシングカーコレクターとして
有名です。

 

そして、ロンドン用には右ハンドル、
モナコ用には左ハンドルと、それぞれ、
ポルシェ911カレラS ティプトロを所望。

 

東京用にはトヨタファンでもある生沢徹は
レクサス・IS Fを所望しましたが・・・

p1
ポルシェ911カレラS ティプトロと奥様

東京ではレクサスIS-Fを乗るつもりで、
最寄りのディーラーへ。

最寄りのディーラーへ
そっとお買い求めにいくのは
生沢氏の配慮でしょう。

 

当時の愛車であるマツダ・アクセラに乗り、
履き込んだジーパンとスニーカーという
普段着
でレクサスIS-Fを
お買い求めにいったそうです。

 

そして、そのディーラーの担当者は
その生沢徹の車と服装をみて
非常に悪い接客をした
ようです。

 

それに失望し気を悪くした生沢徹は
近くのポルシェディーラーへ向かい、
ロンドン用とモナコ用に続き、
東京用にもポルシェを注文
したそうです。

 

そのポルシェディーラーでは、
レクサスディーラーの
比較にならないほどの
歓迎と手厚い接待を受けたでしょう。

 

この時、トヨタレクサス社は
千載一遇の宣伝チャンスを
見事に逃したのでした。

 

2007年頃のお話です。
よくある昔話のひとこまのような話ですね。

MA_S006_F001_M004_1_L
↑マツダ・アクセラ 2007年当時の新車価格は151.1万円~206万円
↓レクサス・IS F 2007年当時の新車価格は766万円

10051005_200712

 

スポンサーリンク

そして、ポルシェ

SC3830033-thumb-450x337-15076

上記のようなことから
ロンドン・モナコ、そして東京でも
ポルシェに乗られているようです。

 

50年前にレースで初めて
日本車でポルシェを抜き、

日本人で唯一のポルシェ本社の
ワークスドライバーとなり、

ロンドン・モナコ・東京で
ポルシェに乗っている生沢徹。

もちろん、
今後もポルシェとの縁は切れませんね。

 

 

【関連記事】

篠塚建次郎は現役ラリードライバー!嫁(妻)と息子でペンションも経営。

西内まりやの愛車はランドローバー・ディスカバリー!価格や燃費は?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする